サイト内検索

美容皮膚科

行徳クリニック|福岡県北九州市小倉北区の婦人科・美容皮膚科

コンドロイチン療法

コンドロイチンは、軟骨・結合組織・粘液に含まれるムコ多糖類のひとつで、肌の水分保持や関節の潤滑油的な役割をしています。加齢とともに生成量が減ると、肌の水分が失われたり、関節の潤滑がうまくいかず、膝や腰が痛んだりします。
コンドロイチンを、関節痛改善などのために使用する目的のほか、水分保持の特性を生かし、美容目的で近年見直されています。

コンドロイチンの効果とは

○関節痛の改善
関節をスムーズに動かすための潤滑油としての役割をし、関節痛を緩和する効果があります。
また、注射は症候性神経痛、腰痛症、肩関節周囲炎(五十肩)にも有効です。

乾燥対策・美肌効果

ヒアルロン酸とコンドロイチンを皮膚に塗布して、水分保持量を時間の経過に沿って水分量を測ると、塗布から30分後はヒアルロン酸が高い数値を示したが、120分後以降はコンドロイチンの方が高いという結果(産経ニュース)もあるように、保湿の面で効果的といえます。
他に、ドライアイの改善や、進行する感音性難聴などにも効果的です。

・当院では、筋肉注射で行っております。
・疼痛緩和目的の場合、保険診療です。
・美容目的の場合は、1アンプル1,000円(税抜)です。

美容皮膚科トップへ

病院案内

ご連絡先

お電話でのお問い合わせは

093-511-3838

お電話は診療時間内にお願い致します。

※当院は、婦人科を含め女性の方の診療が多いため、
美容治療に関しても男性の方の診療は行っておりません。

診療日について

診療日程

★……火曜日と土曜日は17:30までとなります。
※休診日は日曜日・祝日

アクセスマップ

地図

グーグルマップを表示する

福岡県北九州市小倉北区京町1-2-24 小倉新興ビル7F

・JR小倉駅より徒歩7分
・西鉄バス勝山橋バス停より徒歩1分
・小倉井筒屋本館の北向い

契約駐車場

ダイイチパーク……場所はこちら

中村パーキングプラザ……場所はこちら

トップへ戻る