サイト内検索

美容皮膚科

行徳クリニック|福岡県北九州市小倉北区の婦人科・美容皮膚科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、遺伝的な素因をもとに、慢性的に湿疹病変を繰り返す皮膚の病気です。
乳幼児期に、顔面などに湿疹が生じ、学童期には部位が変わり、膝の裏、肘などを中心にカサカサした湿疹が見られます。
アレルギー疾患なので、合併症として喘息やアレルギー性鼻炎を伴うこともあります。また、皮膚のバリア機能の低下から、様々な皮膚の感染症を引き起こす場合もあります。

当院での治療

① 低出力レーザー(半導体レーザー)
低出力レーザー(半導体レーザー) の星状神経節近傍照射低出力の近赤外線レーザーを使用し、のどの両側にある星状神経節(第7または6頚椎横突起基部にある交感神経節)を目標に照射を行います。レーザーで交感神経を抑えることで、自律神経のバランスを正常化させ、かゆみの軽減・自然治癒力を向上を図ります。交感神経は、たとえて言うなら、「戦いに行くときに さあ やるぞ!」という時に働きますので、それを抑えることで、よく眠れ、ストレスも緩和、肌の状態も改善します。
照射時間は片側1~2分で、週1~2回が目安です。1回500円

② ビオチン療法
近年の調査で、アトピー性皮膚炎の方の血中ビオチン濃度は、通常の方よりも低く、それにより、
・ヒスタミンの排泄障害
・ブドウ糖の代謝障害
・脂肪酸の代謝障害
・アミノ酸の代謝障害
が起こり、免疫機能に悪影響を与え、症状が悪化すると言われています。
ビオチンの投与により腸内の善玉菌を増やし、体の中を整えていきます。治療は、内服薬の処方と皮下注射で行っています。(保険適応)

③ プラセンタ注射
メルスモンまたはラエンネック注を2アンプル、週2回続けますと、かなりの改善がみられます。
1アンプル 1,000円(税抜)

④ 漢方薬の処方

⑤ 保湿用ローション
オリゴマリンSローション  2,000円(税抜) (190ml)
濃縮海水、保湿成分配合。低刺激性

美容皮膚科トップへ

病院案内

ご連絡先

お電話でのお問い合わせは

093-511-3838

お電話は診療時間内にお願い致します。

※当院は、婦人科を含め女性の方の診療が多いため、
美容治療に関しても男性の方の診療は行っておりません。

診療日について

診療日程

★……火曜日と土曜日は17:30までとなります。
※休診日は日曜日・祝日

アクセスマップ

地図

グーグルマップを表示する

福岡県北九州市小倉北区京町1-2-24 小倉新興ビル7F

・JR小倉駅より徒歩7分
・西鉄バス勝山橋バス停より徒歩1分
・小倉井筒屋本館の北向い

契約駐車場

ダイイチパーク……場所はこちら

中村パーキングプラザ……場所はこちら

トップへ戻る