サイト内検索

美容皮膚科

行徳クリニック|福岡県北九州市小倉北区の婦人科・美容皮膚科

あざ治療

太田母斑

日本人の女性に多くみられるアザで、眼を中心として主として青色に広がった感じです。早発型と遅発型がありますが、思春期になって色が濃くなり、拡大する傾向があります。

[治療]
Qスイッチ・ルビレーザー及びQスイッチ・ヤグレーザーの5~6回の照射でかなりの効果がみられます。年齢が若いほど効果のあらわれが早いようです。

蒙古斑

新生児、乳幼児にみられる青色母斑で、5~6歳くらいで自然に消えてしまいます。しかし、異所性蒙古斑といわれるものは消えにくく、成人になっても残ります。

[治療]
Qスイッチ・ヤグレーザーの数回の照射で効果があります。

赤アザ・表在性血管病変

赤アザは血管系のアザで、単純性血管腫・イチゴ状血管腫・毛細血管拡張症・酒さなどがあります。血管腫は真皮および皮下組織の中にある血管成分の奇形的増加によってできる母斑です。

[治療]
ジェントルヤグレーザー・Vビームレーザーの数回の治療で効果があります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は、別名 遅発性両側性太田母斑様色素斑ともいい、その鑑別は難しく、一見シミのようですが、東洋人に多い青アザです。肝斑と合併して存在することも多く、また、ソバカスのように見える事もあります。シミの相談に来院される方の中で、かなりの割合で本症例が見受けられます。

[診断基準]
・思春期以降(多くは20歳以上)に発症する顔面の色素斑
・色調は灰色~灰褐色~褐色~濃褐色
・一般的に年月と共に濃くなったり薄くなったりの変動が少ない。(肝斑は経時的変動が多い)
・病理組織

[治療]
(1)レーザー治療 (ADMの原因である真皮メラノサイトを破壊・除去)
・Qスイッチルビーレーザー
・QスイッチNd:YAGレーザー
・弱いQスイッチレーザー
レーザーの種類によってダウンタイム(日常生活に支障)や治療効果が異なるので説明の上、選択し治療となる。
(2)トラネキサム酸とVCの内服
(3)レチノイン酸+ハイドロキノンの併用療法(外用)
(4)VCローションなどの美白剤の外用、イオン導入

美容皮膚科トップへ

病院案内

ご連絡先

お電話でのお問い合わせは

093-511-3838

お電話は診療時間内にお願い致します。

※当院は、婦人科を含め女性の方の診療が多いため、
美容治療に関しても男性の方の診療は行っておりません。

診療日について

診療日程

★……火曜日と土曜日は17:30までとなります。
※休診日は日曜日・祝日

アクセスマップ

地図

グーグルマップを表示する

福岡県北九州市小倉北区京町1-2-24 小倉新興ビル7F

・JR小倉駅より徒歩7分
・西鉄バス勝山橋バス停より徒歩1分
・小倉井筒屋本館の北向い

契約駐車場

ダイイチパーク……場所はこちら

中村パーキングプラザ……場所はこちら

トップへ戻る